おはようございます。流石に寒くなってきたので半袖シャツから長袖にシャツに切替えました。にも関わらず台風接近中で週末の天気はまたも雨模様の様子です。

昨日は職場のiMacも雨模様。

フィルムスキャナ Flextight 949 専用として使用していた2007年モデルのiMacが突然お亡くなりになりました。スリープ状態から復帰しないので強制終了。起動をかけるもディスプレイに何の表示もなし。このパターンですと何をやっても駄目なのは分かっているのですが一途の望みを託してキーコンビネーションやらターゲットモード、外部CDからの起動などなどやってみましたが全くもって反応なし。ファンの音はしているのでメイン基板が逝ってしまったのでしょうね。まあ10年間良く働いてくれました。宮日美展・宮崎市美展が終わって一息ついたタイミングでしたので非常に感謝です。

さてFlextight 949ですがお値段300万円弱もするくせにインターフェイスがFireWire(IEEE1394)のみ。しかも400という困ったちゃんです。発売時期を考えると仕方がないのですがFireWire400と800では形状が違うのが厄介。USB2.0と3.0のコネクタの形状は同じなのにねえ。
ファイル 2017-10-26 10 28 02
【FW400と800それぞれのコネクタがある。希少種かな?】


ファイル 2017-10-26 10 29 16
【超高価な949ちゃん。接続ケーブルが30cmしかないので 接続しているMac Proとの位置関係が変】

変換ケーブルはあったのですがソフト周りも超絶古いので代替えmacで動作するか心配でしたがなんとか動いてくれました。ちなみにお亡くなりになられたiMacのOSは10.4で代替えmacのOSは10.6.4です。代替えのmacが駄目になった時の事考えて 現行macでの動作確認もしておかないと怖いですね。

現行 macには FireWire800は載ってないのですね「
   Thunderbolt」or「USB3.0」へ変換するコネクタを用意する必要があるみたいです。
でも「SCSI-USB」や「 ADB-USB」など変換系には良い思い出がないのですよね。